生後3ヶ月振り返り、と、親御がインフルで死にかけた話

娘氏、生後4ヶ月目を無事に迎えました。生後3ヶ月記念はなんちゃっておむつアートで写真撮影をしましたが、4ヶ月記念はどうするかな・・・。

特にここ1ヶ月間の娘の成長には目を見張るものがありました。

【生後3ヶ月トピック】
・首、ほぼ座る
⇒抱っこで首の支えがいらなくなってきたので随分楽になりました。一方体重も6960gと一気にバンプアップしたのでプラマイプラですが^^;
⇒お座り練習も時々させています。未だ両脇を支えてあげないとぜんぜん座れませんが、ねんねとは違う視界が気に入っているみたいでお座りさせるとご機嫌です。

・手の使い方がめきめき上達
⇒両手を組んでみたり、しげしげ眺めたり・・・手があること、使えることが面白くてたまらんみたいです。最近のはやりは布製品をつまむこと。肌着の紐に布団の端っこ、私の服にガーゼハンカチ等々気づいたらつまんでます。クリスマスプレゼントに贈ったガラガラも上手くつかめるようになってきましたが、ふんわりつかめる布系の方が今は心地よい様子。

・おしゃべり大好き
⇒とにかくなん語でよう喋ります。あー、あー、あぁあああぁー、あーあーあー と、「あ」だけでよくぞこれだけ表現するよなという勢いで喋ります。適当にアテレコしまくって答えてますが、本当の彼女の意図とは多々ずれてるんやろうなぁ。

・よーく笑う、泣く、困り顔する
⇒私にも夫にも知らん人にも、目が合うとニヤッとしてくれます。朗らかにけらけらという感じではなくニヤッなのがちょい悪でこれまた可愛い。泣き声がすさまじいのは相変わらずで、あとは何ともいえない困り顔をする瞬間も出てきました。

上記の困り顔を図らずも拝むきっかけは、年始早々に私がインフルエンザA型に罹患したことでした。。最初はのどの痛みから始まって、なんとなく鼻水と熱に移行するという私的風邪のいつものパターンを3日間ほど薬なしでやり過ごしていたんですが、その熱が39度近くになってさすがにおかしいぞと思い受診したところ、インフルエンザ陽性判定が出たという流れです。高熱でふらつく体で娘を抱えての受診は死ぬかと思いましたが、結果授乳中でも普通に飲める薬があると分かったことは今回の大きな収穫でした。(今回は吸引剤のイナビル+解熱剤のカロナール+風邪の諸症状緩和の葛根湯の合わせ技。)薬なしで高熱をやり過ごしつつ乳児のお世話をし続けるのはまじで苦行&薬飲んだら即日で症状が改善したので、育児中だろうがなんだろうが大人の体調不良も早めの受診が大切かと。
そしてクリニックの道中、娘はぐずるのもそこそこにずっと困り顔をしていました。死にそうな顔しながら怪しげな吸引剤をすぱすぱする母親の姿見たら、そりゃ困り顔になりますよね・・・心配かけてすまん。感染もせず元気に乗り切ってくれて本当にありがとうね。

 

年末年始の初めての帰省(飛行機にチャイルドシート、新幹線デビュー!)、そこでの親戚一同とのふれあい、そして図らずも母の体調不良と盛りだくさんの経験を通して一気に娘の成長が加速した気がします。

2018年、これまで以上に沢山の人に触れ合って、沢山のおもろい経験をさせてあげよう。もちろん、家族一同健康に!