助産院でのあれこれ

助産院へ入院して5日目。田舎のおばあちゃん家を彷彿とさせる静かな建屋の中で、経験豊富な助産師さんと滋味あふれる和食に囲まれながらじっくり養生しています。

やわらかい秋の日差しとそよ風が差し込むお部屋で娘と同じベッドで過ごし、今までにないくらい物理的に娘と向き合うことに集中できる今、本当に貴重な時間です。

 

<現状メモ>

●ここに来てから母乳が絶好調。ミルクを足す必要が一切なくなった。

●その代わり夜間の頻回授乳と向き合うことに。ほぼ2日に一回のペースで夜泣きが入る。長い時だと19時くらいからぐずぐずと4,5時間ぐらい。うえーん、ジタバタジタバタ、うえーん、ジタバタ、うえぇえええーん、脱糞 みたいな 白目むくしかない

●添い乳のやり方を教えてもらったので夜間の救世主となるか…!?

●母乳をたっぷり飲んでくれる娘。おかげさまで日に50g以上のペースで体重増えてます。どすこいちゃんへの道も近いね♩

 

<助産師さんから聞いたこと>

●赤ちゃんの血液型って検査しないの?

→最近はどの産院も殆どしなくなった。新生児時期は血液型が変わることはざらなのでやっても意味ないのがその理由。

●お耳掃除、どこまでやる?

→耳の外側を軽く綿棒でぬぐう程度でよい。穴の中は耳鼻科におまかせしませう

●オムツかぶ

→太乙膏超おすすめ。

●授乳期に保育園に入れるときの母乳対策

→入園1ヶ月前ぐらいから、昼間の母乳を辞めて搾乳&夜のみ母乳、のシフトに

→搾乳もあまり頻繁にすると乳が張り続ける為、どうしても苦しい時に軽く絞る程度に。乳房をゆっくりおにぎり絞りで絞る。

●お尻の上の謎のくぼみの正体

→仕様です。

●上唇の水疱の正体

→おっぱいの、吸いダコ!おっぱい咥えた後に唇を指で左右に広げてあげると一箇所に圧が集中するのを防げるみたい。